その操作設定、放置されていませんか?トラックパッドの見落とすと損する設定について

未分類


どうも、ふるしゅです。


パソコンはMacBookを使っているんですが、

ふと目にしたサイトで
トラックパッドの設定について

解説してたんですよね。


まぁ、
少しでもショートカット的なことを覚えて

作業早くしたいな〜
なんて思ってたので。



そしたら、
あるじゃないですか・・・


「エッ!?こんな設定あるの???

知らんかったぁ!」


あわてて、
いざ設定してみると


「めちゃイイじゃんっ!!!!」


思わず声が出てしましたよ、はい。


これ知らずにずっとMacいじってたんかー…


そう思うと切なくなりました。


これは全マックユーザー抑えるべきだわっ!

そう思いまして、
今回記事を書かせていただいております。



前置きが長くなりましたが!

さっそくシェアします!!!



それは、

「3本指のドラッグ」

です!



「なんだ〜、ソレかよ・・・」
と苦笑いされた方、

申し訳ございません。


このページを
そっと

閉じていただければと思います。

 

では、

「知らなかった!何それ?」

という方のために、

お伝えさせてください!



「3本指のドラッグ」の
設定により、

・webページのタブ移動

・文章などのコピー元の選択

・フォルダやデータのドラッグ


が出来てしまうんです。


そう、
3本の指を

ススッ

とスライドさせるだけでいいんです。



僕はこれを知るまでは

トラックパッドに

指を1本、
押し込みながら操作していました。


ほんの小さなことかも知れませんが、

ストレスフリーな感じと

気持ち良さは

パソコン作業においては
非常に重宝します。



ぜひ、

ここまで読んでくださっている
MacBook使いのあなたも

体感してもらえればと

強く思います!



最後に


操作手順を
載せますので

ご参考ください。

 

  1. 「システム環境設定」を選択
  2. 「アクセシビリティ」を選択
  3. 左の枠の中、「マウスとトラックパッド」を選択
  4. 「トラックパッドオプション」を選択
  5. 「ドラッグを有効にする」にチェック
  6. プルダウンより「3本指のドラッグ」を選択
  7. 「OK」をクリック

 

以上で設定は完了です!



一つ注意がありまして、

「システム環境設定」

「トラックパッド」

「その他のジェスチャ」

「ページ間をスワイプ」を

「3本指でスワイプ」にしてしまうと、

先ほど設定した内容が外れてしまうので

お気を付けください。



ここまで読んでいただき
ありがとうございました。