【iphone】キャリアから格安SIM乗り換えまでに行うこと

スマホ

こんにちは、ふるしゅ(@nr_ha77)です。

 

今日は、キャリアから格安SIMに乗り換えるために行ったこと、

その流れをご紹介したいと思います。

乗り換えまでにかかった時間はおよそ半日程度でした。

あくまで目安です。

乗り換えまでに行うこと

キャリアのメールアドレスに代わるアドレスを用意

3大キャリア(ソフトバンク、ドコモ、au)との契約は解除になるため、

下記のようなキャリアのアドレスは使用できなくなります。

 

Webサイトやメルマガで登録しているキャリアのメールアドレスは、

gmailやyahoooメールに登録し直しておきましょう。

 

キャリア解約後に、

うっかりアドレス変更の登録に漏れがあったとします。

パスワードを忘れてしまった場合には、

本人確認が必要になりますよね。

その際、登録してあったキャリアのアドレスだと、すでに解約済みであるため、

本人確認ができなくなってしまいます。

気を付けたいところです。

 

下記はキャリアで使われているアドレスとなります。

ソフトバンク=@softbank.ne.jp

ドコモ=@softbank.ne.jp

au=@ezweb.ne.jp

 

端末の準備

・今現在使用している端末を引き続き使用

・新規の端末を購入

上記のどちらかになるかと思います。

 

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)予約番号の発行

通信会社が変わっても、

現在の電話番号を使用できるようにするためです。

電話番号が変わってしまうと、

あらゆる場面において登録し直さなくてはなりません。

大きな手間が生じてしまいますので、

この手続きはやっておきたいところです。

 

ちなみに、このMNP予約番号の発行に係る費用はありません。

発行した時点でそのキャリアとの契約が解除されるわけではなく、

新たな通信事業者へのMNP引き継ぎ等、もろもろの手続きが完了したときに解約となります。

 

注意したい点として二つ。

一つは、発行した番号には有効期限があります。

その期限は15日間。

期間内に乗り換え手続きを済ませましょう。

もし仮に有効期限が過ぎてしまっても、

再発行すればよいのでご安心を。

二つ目は、キャリアでの契約名義と、

乗り換える通信事業者での申込名義が一致していること。

 

参考までに各キャリアのMNP予約番号発行手続きの方法を貼っておきます。

・ソフトバンク

・ドコモ

・au

 

データのバックアップをとる

データをバックアップする際に、

自分が参考にした記事を貼っておきます。

こちらの手順に従って作業を進めていけば、

問題なくバックアップが完了します。

iTunes、iCloudそれぞれを使用した方法があります。

 

加えて、LINEの引き継ぎ方法も下記記事をご参照ください。

機種変更によるLINE引き継ぎの作業は初めてでしたので、

トーク履歴のバックアップ・復元方法の記載があってよかったです。

 

MVNO(通信事業者)へ乗り換え

ここまでの準備が終われば、いよいよ乗り換えとなります。

自分はmineoを選びましたので、次回以降でそのご紹介をさせていただきますね。