労働者を脱して事業家を目指すべきか?

こんにちは、ふるしゅです。

今回はフリーランスになること、一人経営をするってどうなんだろ?って考えてみました。

 

フリーランス、

サラリーマンからしたら聞こえはいいですよね。

好きな時に働いて、好きなときに遊ぶ。

会社に拘束されないってのが1番大きなとこでしょうか。

もちろん、それなりに勉強し知識を習得した上で、それをマネタイズできるだけの力が必要です。しかも、結果はすべて自分自身にはね返ってくるというシビアな世界。経験してるわけではないので、イメージでしか話せませんが。

このまま労働者として何事もなく過ごしていけば、最低限生活できる金は確保できるでしょう。しかし、心身ともに消耗し続けることが目に見えてしまいます。

 

 

自分が将来的にマズイな・・・と思っているのは、定年年齢の引き上げと年金の受給年齢の段階的な引き上げですかね。

公務員は定年年齢を65歳に引き上げることを検討しているため、民間企業もそれに段階的に合わせてくるのではないでしょうか。そうした際に、労働者は必然的に会社に拘束される期間も伸びることになります。

それに加えて、年金の受給年齢の引き上げです。いずれは70歳、75歳にならないと受給できない時代が来てもおかしくありません。

定年年齢は65歳になったとしても、実際70前後でも働かれいる方はいらっしゃいます。仕事にやりがいがあったり、体が動くうちは働いたりと理由はそれぞれかと思います。しかし将来的な年金受給年齢の引き上げも考えると、もはや収入確保の点で見れば、働かざるを得ない状況になりかねません。言い方は悪いですが、もはや死ぬまで働けとしか見えてきませんwそうなると、会社にいつまでも拘束されることになりますよね。

 

 

身の回りでもこのような会話ありませんか?

「とにかく働き続けなければならない。将来が心配だ。」

「身内には働けるまで働いてほしい」

同僚、上司が諦めの表情で淡々と語るこの言葉には、恐怖心すら覚えます。このまま会社員のまま漫然と過ごしていく、という現実に。

一昔前のような、60歳で定年退職して、退職金や年金で悠々自適な生活を送ることはもはや過去の話です。会社からの拘束が続く限り自分のやりたいことを存分に行うことは比較的難しいのではないでしょうか。自分の楽しみのために貯めてきたお金であっても、体が動かない状態になってからでは無意味となってしまいます。そのような状況を想像するだけでも、なんとか回避する手はないのかと考えてしまいます。

 

 

自由を得るためにはまずはお金ではないでしょうか。お金があれば大抵のことは解決できる気がします。お金があってこそ、時間的な自由に繋がっていくかと。

お金をもっと得るためにはどうするか?

労働者の状態から脱し、事業家になる必要があると思います。そのために自分は現在、このブログとプログラミングの勉強をしています。どんなかたちでもいいから、まずは「自分の力で稼いでみる」経験をして0から1の状態にもっていきたいです。

今はネットの力、いわゆるレバレッジをかければどこに住んでいようとも収入を得ることができます。

メディアで個性的な働き方をされる方々が紹介されることを見ることがあります。ネットで、悩み事の相談を受け付けていたり、自分の空き時間を売るというようなことをされている人もいたり。それも稼いでる金額は月数十万円とのこと。感心してしまいます。

まだまだ、これから斬新な働き方が出てくると思うと興味深いですよね!